【第31話】ブログ1周年!

こんにちは!
クガニール広報部長のクーニャです。

クーニャ:くー太さん、今日は、何の日かわかるかニャ?

くー太:・・・・・・・・・・・・・・・何でしたっけ? ・・・・・・・冗談です。
「クーニャ広報部長の面白ブログ」 1周年。 おめでとうございます!
第1話は、昨年の「第6回クガニールの仲間たち展」の後でした。
いや〜、あっという間の1年でしたねぇ。

クーニャ:あー、びっくりしたニャ! ぼくは、よくがんばったのニャ!

くー太:ですが、部長。夏の間は、あまり更新されていませんでしたねぇ?

クーニャ:・・・。 ちょっと旅に出ていたのニャ。

くー太:ほう? どこへ?

クーニャ:・・・。こ・・心の旅ニャ。

くー太:つまりサボっていたのですね。

クーニャ:くー太さんはしつこいニャ!
もっと、1周年のこの日をもっと喜ぶのニャ!

ゲストの皆さんも来てくれているのニャ!
まずは、2014年11月29日【第10話】で登場した「美しき骨組の仲間たち」の皆さんニャ。
みなさん、お久しぶりニャ。元気だったかニャ?

骨組一同:広報部長、おめでとうございます。

コニー(ケープハイラックス/骨組案内係):みんな元気イッパイです。我らクガニール骨組は永遠に不滅です!


クーニャ:みんな元気でよかったのニャ。

コニー:ただ、最近、我ら骨組を描いてくださる方が少ないのです・・・。
カラカラ組長だけ、現在描かれている会員さんがおられるようですが・・、人気がなくなって来ているのかも・・・。

クーニャ:そんなことはないのニャ。「骨には、普通のモチーフにはない(えぐれや空間)張りのある美しさがある」と奥秋先生が言っていたのニャ。もっとクガニール骨組の魅力をアピールして、みなさんに描いてもらうのニャ!
コニー君、今日この日を利用して、クガニール骨組のプレゼンテーションをするニャ!

コニー:はい。ボクはキュートなケープハイラックスの頭骨です。ボクの魅力は、眼孔付近の骨の形が独特で美しいことでしょう。多々あるクガニールのモチーフと組み合わせても、美しく響きあう、まさに理想的なモチーフと言えます。
ボクの祖先は象の仲間ですが、ボク自身はコンパクトサイズなので、木炭よりも鉛筆の方が向いているかと思います。
鉛筆に自信のある方、細密描写したい方は、ぜひボクを選んでください。
あ、他の骨組の仲間、鹿のホルンさん、馬のまー子さん、クマのマック君、イノシシのアントーニオさん、組長のカラカラさんも宜しくお願いします。

 

クーニャ:コニー君は、ほとんど自分のことばっかり話してたのニャ。

つづいて、2014年12月30日【第13話】「クガニールの石膏組の仲間たち」に登場した石膏組の皆さんニャ。

石膏組一同:クーニャ広報部長、ブログ1周年おめでとうございます!

クーニャ:皆さん、ありがとうニャ!
ブルータスさん、石膏組案内係として、石膏組をアピールするためのプレゼンテーション よろしくお願いしますのニャ!


ブルータス:私が・・・ブルータスです。
私を彫ったのは、あの天下の大天才 ミケランジェロ大先生です。
エッヘン、言わば・・・石膏界のサラブレッド、いや、彫刻界のスーパースターとでも言うのでしょうか!

 
[石膏組のみなさん]

ヘルメス:ブルータス、お前もか!
コニー君よりもずっと自己中じゃないか!

ラボルト:本当に失礼なこと!
先日のクガニール賞には、私を描いた作品がノミネートされたのよ。

クーニャ:クガニールは「お互いに良い影響を与えあう場」でもあるのニャ。
石膏組のみなさんも、もっと仲良くしなきゃいけないのニャ。

ブルータス:すみません。ちょっと言ってみたかっただけです。
基礎デッサンを学ぼうという方たちには、石膏が一番です!
クガニール会員のみなさん、石膏組をよろしくお願いします。・・・・・キマッタ!

カラカラ:近頃、キューピッドばかりが人気で、おまけに、最近、キューピッドの新人(現在2体)と、大きな顔の新人(大顔面の大ちゃん)までやって来ました。そのためか、石膏組、骨組の皆さんは少し沈みがちなんです。

クーニャ:わかったのニャ!  それで、ヘルメスさんは下を向いているのニャ!
奥秋先生に、もっと他のみんなを薦めるようボクからもお願いしておくのニャ!

カラカラ:もし、キューピッドが3体になったあかつきには、我らの居場所はなくなってしまいます。
クーニャ部長、ひとつよろしくお願いいたします!

karakara2.JPG←コニー君とカラカラ組長

クーニャ:まかせておくのニャーー!!

今日、奥秋先生が風邪で声が変なので、みんなへのメッセージを預かっているのニャ。

くー太:ほほう!?どのような?

クーニャ:それは、パウル・クレーさんの言葉なのニャ。

くー太:パウル・クレー 、 1879年スイス生まれの画家。
音楽家の家庭で育ち、音楽的、詩的な作品を多く残した画家ですね。

クーニャ:そうなのニャ。クレーさんは、ピカソさんに次ぐ多くの作品を残した画家ニャんだって。
では、メッセージ ニャ。

*******     今日はクレーの言葉をみんなに紹介します。

”見えているものを再現するのではない。絵画は、見えていないものを、見えるようにするための機械のようなもの”

クレーは、独特の世界観を持った唯一無二の画家であり、彼の作品は、ある明確な目的をもって描かれています。
” 自ら結晶体と化し、モチーフの結晶体と共振動を引き起こし、それを絵画にする。” というものでした。(結晶体とは、命の最小単位のようなイメージ)
クレーにとって、人間、動物、静物の違いは意味がないもので、いろんなモチーフも結晶体レベルでは、同価値だったわけです。
このような物の捉え方が、哲学、美学となり、比べるもののない輝きを放つ作品を生み出していきます。作品の方向性を決めるのは、その人の人生のベクトルに他ならないのです。
私たちも、普段の生活の中に自分の世界観を探し求めて生きたいものです。    *******


骨&石膏組全員:・・・!。 ということは、私たちの存在意義はどこにあるのでしょう? 
我ら骨組・石膏組は、外見を再現していただくことが何よりの喜びであるのに、その機会はなくなっていくのでしょうか?

クーニャ:心配しないでいいのニャ! 
骨&石膏組の皆さんは、観察力・描写力を養うには最も適したモチーフの一つなのニャ!
クガニールでは、ジャンルを問わず、「観察→解釈→表現」というプロセスを大切にしているし、基礎段階においては、観察は最も大切なのニャ!
観察を抜きにしては、解釈、表現には到達できないのニャ!

クレーさんの話は、「星の王子様」にでてくるキツネさんの言葉に似ているのニャ。たしか・・・、
”心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。 大切なことは、目に見えないんだよ ”  ってニャ。

くー太:なるほど・・・。

クーニャ:これからも、ますますがんばっていきますニャ!
みなさん、どうぞ2年目も、ブログチェックをお願いしますのニャ!

くー太: クーニャ広報部長の面白ブログ、これからもよろしくお願いいたします。
それでは、みなさん、次回【第32話】をお楽しみに!




 

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

counter

ブログパーツUL5

映画音楽の夕べvol.2

絵画教室アトリエクガニールホームページ

kuganeel.png 教室案内・会員作品紹介・体験レッスン・イベント案内 他

記事

テーマ

月別アーカイブ

リンク

ブログ管理者

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM