【第6話】キューピッドが クガニールにやって来た!

皆さん、こんにちは。
絵画教室アトリエクガニール広報部長のクーニャです。
kuna1.png

今日は、クガニールにやってきた、キューピッドを紹介します。
******
このキューピッドは、近代絵画の父、ポール・セザンヌ(1839-1906)の愛したモチーフです。
今でも、セザンヌが生きていた時代と同じように、彼のアトリエの机にはキューピッドがあります。

セザンヌは、南フランスのプロヴァンス地方、エクスに生まれ、生涯、風景画、静物画、人物画を描き続けました。
絵画に「多視点」を持ち込んだ事は、絵画史上、非常に画期的出来事でした。
また、「逆遠近法」を用い、後ろの物ほど比率を大きく描きました。
セザンヌの最も有名な言葉に、
「自然を円筒、球、円錐によって扱う」というものがあります。
これらの考え方は、後に続くピカソ、ブラックなどのキュビストに多大な影響を与えることとなります。

最晩年のサントヴィクトワール山を描いたシリーズは得に有名です。
死の直前に描かれたサントヴィクトワール山の数点は、抽象画を想わせ、輝くような美しさに溢れています。

さて、今日の主人公であるキューピッドを描いた静物画2点と、クガニールにやって来たキューピッドを紹介することにしましょう。



 
                      昨日やって来たキューピッド↑

セザンヌは、頭を小さく、足を長めにして、ぽっちゃり4頭身のキューピッドを、細身の5頭身にデフォルメしています。
来月12月7日のクガニールアートレクチャー「名画の見方」で、セザンヌの作品2点(サントヴィクトワール山とキューピッドのある静物)を取り上げる予定です。

******

それでは、【第5話】で言っていたボクを描いた絵を紹介します。
「クガニールの仲間たち展」で岡崎さんが出展した作品です。
どうだ?かわいいニャろ! 岡崎さん、ありがとニャー!

「好奇心」(パステル画)

それでは、また 【第7話】でお会いしましょう。
【第7話】のテーマは、まだ決まってきませんが、
お楽しみにニャスタンプ


絵画教室アトリエクガニール
http://www.kuganeel.com/
 
*****************************
 

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

counter

ブログパーツUL5

第8回クガニールアートレクチャー

絵画教室アトリエクガニールホームページ

kuganeel.png 教室案内・会員作品紹介・体験レッスン・イベント案内 他

記事

テーマ

月別アーカイブ

リンク

ブログ管理者

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM