【第7話】木炭デッサンのすすめ

JUGEMテーマ:絵画
 
皆さん、こんにちは。
アトリエクガニール広報部長のクーニャです。
kuna1.png
 
木炭デッサンは、クガニールで最も人気のあるジャンルです。
でも、木炭デッサンって美術部にでも在籍してない限り、馴染みがあまりないですよね。
今日は、ボク(クーニャ広報部長)と、くー太トリ締役が、奥秋講師に木炭デッサンについてお話を聞きます。
 
クーニャ「木炭はいつ頃から使われてたの?」
 
奥秋「クロマニョン人が、ラスコーの洞窟に動物を描いているから、5万年ほど前には、すでに使われていたみたいだね。」

↑石灰質の壁に、木炭と赤土で描かれている。
 
くー太「ほっほほ!そこまで古いんですか?」
 
奥秋「なんせ木が燃えただけの原始的なものだからね。でも、木の種類によって、硬さや太さが違うんだ。   一般的に使われているのは、柳の木炭だね。」
 
くー太「画家を目指す多くが、木炭デッサンを勉強しますよね。石膏像とか。何か理由があるのですか?」
 
奥秋「なぜ、石膏像か?それは、第一に石膏像は、形が美しい。第二に石膏像のような白い立体物は、光と影が捉えやすい。
なぜ、木炭か? それは、立体表現には、グラデーションが重要で、これを習得するのに、木炭は最適なんだ。
鉛筆だと細部は描きやすいけど、大きな量感を出すには時間がかかるからね。
初心者は細かいところばかりに、目が 行ってしまうのだけど、まず、全体像を大づかみすることが何よりも大切。
木炭は、量感、空間を短時間で大づかみするのに向いているんだ。

 
クーニャ「だけど、木炭は描いても、ちょっと触ったら消えちゃうのにゃ。」
 
奥秋「木炭で描いただけでは、浮いたままだし、ましてや、美しいトーンなどは出ません。
指で押さえながらつくるグラデーションで空間を創っていく
細部は、消し具(食パン、練りゴム)で、木炭を抜くことで描くんだ
消し具は、消す道具じゃなく、描く道具だと理解した時、上達の道が開ける。
 
クーニャ:「木炭デッサンって面白そうだにゃ。僕も描きたいのニャ。」
 
絵画用柳木炭。下は買ってきただけの木炭。上は、片面を直面にカットした柳木炭。
 
木炭デッサン
長めに、軽く、寝かせて持ち、カットした面で描く。

木炭デッサン 線
↑線は、木炭を寝かせたまま、カットした面のエッジで。

奥秋:「木炭は買ってきたままじゃ使えない。まず芯抜きで芯を抜いて片側を斜めにカットして面を作ろう。」

クーニャ:「なんで、芯を抜くの?」

奥秋:「芯の部分は、色が鈍く、消えにくいためなんだ。
それから、初心者は、木炭紙(木炭画のためにつくられた紙)に描くことをすすめます。
木炭使用に作られているのは、紙の表のみ。間違わないように、気を付けて。
最後に、フィクサチフ(定着スプレー)をかける時は、ムラにならないように。」

クーニャ:「そういえば、くー太さんは、木炭から生まれた精霊にゃ。」
(くー太トリ締役 誕生秘話については、11/18の第5話を参照ください。)
くー太:「ほっほほ。そうなのです。美しいグラデーションが私の自慢です。
最後に、奥秋講師、木炭デッサンを学んでいる方、今から学びたい方にアドバイスを。」
 
奥秋:「絵に興味がある人は、一度は木炭画に挑戦してみるとおもしろいですよ。基本的に、木炭画のコツなどはないのですが、あえて2つ挙げるならば、
中盤までは、出来るだけ消し具を使わず描き進めてください。消し具は描く道具として最後に使う。
木炭を擦るのではなく、指でおさえることで調子を創り出す。 
´△龍δ魅櫂ぅ鵐箸蓮¬效沙罎量椶鯆戮気塞舛進めるということです。

「多くの描き方本が出版されていますが、実際は、なかなか上達しないのが現実です。
レベル向上を望む方、基礎段階にある方は、プロのアドバイスを受けながらレッスンすることを勧めます。」

木炭デッサンに限らず、鋭い観察力と解釈力があれば、自ずと絵になっていくものです。

クーニャ「とても勉強になったのニャ。 それでは、木炭による2作品を紹介するニャ。」



その他の木炭デッサンの作品はクガニールのホームページの掲載作品をみてね。

【第8回】テーマは、「透明水彩」「不透明水彩」
楽しみにニャスタンプ

絵画教室アトリエクガニール
http://www.kuganeel.com/

 

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

counter

ブログパーツUL5

第8回クガニールアートレクチャー

絵画教室アトリエクガニールホームページ

kuganeel.png 教室案内・会員作品紹介・体験レッスン・イベント案内 他

記事

テーマ

月別アーカイブ

リンク

ブログ管理者

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM