【第27話】第1回クガニール賞 ノミネート発表!第1夜

みなさん、こんばんは。
クガニール広報部長のクーニャです。


クガニールトリ締役くー太です。


クーニャ:お待たせいたしました!
10月25日10時になりました。
いよいよ「第1回クガニール賞」静物デッサン部門と、人物・人体画部門のノミネート作品が発表されるのニャ。

その前に・・・みなさんに謝らないといけないのニャ。
前回のブログで、ニャンと発表の日時を間違えてしまったのニャ。
原因といえば、くー太さんで、「そういえば、ノミネートは24日でしたっけ?」と言ったのニャが、ボクは、つられて24日・25日と言ってしまったのニャ・・・!

くー太:私はただ聞いただけです。つられる部長が悪いのでは?

クーニャ:いや!くー太さんがホームページのイベント欄をきちんとチェックしていないのがいけなかったのニャ!

くー太:まあ、間違えは誰にでもあります。水に流しましょう。ホッホッホ。

クーニャ:ボクもこれから気をつけるのニャ。
昨日だと思って見てくれたみなさん、ごめんニャさい。

それでは、奥秋先生、おねがいしますのニャ。

OKUAKI:みなさん、こんばんは。
今宵、第一日目は、「第一回クガニール賞」2部門のノミネート(候補)作品の発表です。

この8年間、クガニール会員によって、多くの作品が描かれ、毎月、優秀作品がホームページに掲載されてきました。
これらの優秀作品から、さらに最優秀賞を決定するため、今日と明日の2日間にノミネート作品を発表します。
ジャンル別5部門から3〜8作品がノミネートされ、11月3日の「第1回クガニール賞受賞式」において、部門別優秀賞が決定されます。

各部門とノミネー作品の数は以下のとおりです。

機棒妬デッサン部門 8作品
供某擁・人体画部門 5作品
掘乏本・動物画部門 3作品
検棒妬・風景水彩画部門 8作品
后某款檗γ蠑櫺萇門 4作品

5部門 合計28作品

クーニャ:これまでにクガニールのホームページに掲載された作品は、何点なのニャ?

OKUAKI:まだ載せていない今月10月の作品を合わせて、「全756作品」。

くー太:そんなにすごい数の作品だったのですネ! その中から28点の作品が選ばれるのですネ。

OKUAKI:今回ノミネートされている人の中には、現在は会員でない人(転勤や、介護などの理由で退会した人達)の作品も何点か含まれています。
これらの8年間の成果が、きっと、これからのクガニールの指標となってくれることでしょう。

クーニャ:静物デッサン部門と、人物・人体画部門のノミネート作品がいよいよ発表されるのニャ。
ノミネート作品の発表順は、製作年代順ニャ。

それでは! 
ニャンニャカニャーン! ニャニャニャ ニャンニャカニャーン!!
まずは静物デッサン8作品の発表なのニャ!

 静物デッサン部門 (8点) 

ノミネート番号:D-
「貝とツボ」(2009.5/木炭) 
松浦 麻美子


ノミネート番号:D-
「ドイツのビール壺」(2011.10/木炭) 
安藤 広介


ノミネート番号:D-
「ダチョウの卵のある静物」(2012.2/木炭) 
原田 伊子


ノミネート番号:D-
「刷毛目瓶」(2012.10/鉛筆) 
柴田 大介


ノミネート番号:D-
「イッチン古萩」(2012.12/鉛筆) 
徐 実樹(高校生)


ノミネート番号:D-
「木馬とサルトリイバラ」(2014.1/鉛筆) 
家入 巧



ノミネート番号:D-
「ハサミのある静物」(2014.9/鉛筆) 
西平 崇子



ノミネート番号:D-
「ラボルト」(2015.8/木炭) 
坂田 公彦


クーニャ:つづいて、人物・人体デッサン5作品の発表なのニャ!

 人物・人体画部門 (5点) 

ノミネート番号:D-
「足組む女」(2013.12/木炭) 
藤井 正子


ノミネート番号:D-
「自画像」(2014.11/木炭) 
安藤 広介


ノミネート番号:D-
「フラメンコの女」(2015.7/木炭) 
坂田公彦


ノミネート番号:D-
「金髪の裸婦」(2015.10/木炭) 
原田 伊子


ノミネート番号:D-
「金髪の裸婦」(2015.10/透明水彩) 
木村さやか



クーニャ:以上なのニャ。
ノミネートの期限は今日だったのニャ。「今日の人体画レッスンで、いい作品が2点出来たから差し替えた」と奥秋先生が言っていたのニャ。

くー太:ほっほう!ぎりぎり間に合ったということですね!

クーニャ:見ごたえのある作品ばかりだけど、くー太さんは、どの作品がいいと思う?
11月3日のクガニール賞の発表で、奥秋先生が各部門から最優秀作品を1作品ずつ決めるのだけど、実はそれとは別に、会員による投票で決まる賞があるらしいのニャ。
今日ノミネート発表した《静物デッサン部門》と《人物・人体画部門》から1作品、
明日ノミネート発表される《絵本・動物画部門》《静物・風景水彩画部門》《心象・抽象画部門》から1作品、
「会員セレクト賞」計2作品が選ばれるのニャ!

くー太:まずは、今日発表された作品から、一作品選ぶのですね。目移りして、一作品に決めるのはなかなか難しいですねぇ。

クーニャ:ボクはもう決めたのニャ。

くー太:ほう!どれを選んだか教えてくださいよ。

クーニャ:ダメなのニャ!
奥秋先生が、「どの作品に投票するとか、相談したり、言ったりしないでね!」と言っていたのニャ。
くー太さんも、良く作品を観て、自分の意志で決めるのニャ!

くー太:承知いたしました。

クーニャ:明日は、《絵本・動物画部門》《静物・風景水彩画部門》《心象・抽象画部門》のノミネート作品を発表するのニャ。
乞うご期待!お楽しみなのニャ!





 

【第26話】 クーニャ広報部長 「シティ情報ふくおか」 デビュー!

みなさん、こんにちは。大変お久しぶりなのニャ。
クガニール 広報部長のクーニャです。
クガニール トリ締役のくー太です。
 


クーニャ:みなさん。
ついにボクも、月間情報誌デビューしましたのニャ!

クー太:それは、おめでとうございます!
何という月間情報誌ですか?

クーニャ:えっへん。あの有名な「シティ情報ふくおか」なのニャ!

くー太:名前は聞いたことがあるのですが?

クーニャ:なーんだ、クー太さんは物知りなのに、読んだことニャいの?
「シティ情報ふくおか」は九州ではじめての情報誌で、福岡市では昔から根強い人気があるのニャ。
しばらく休刊していたのニャが、また最近復活して、今回ボクが載っている「2015年11月号」は、なんと「第767号」なのニャ。
奥秋先生も、昔から「シティ情報ふくおか」の愛読者だったらしく、先生の個展の情報も「シティ情報ふくおか」が好意的に掲載してくれていたらしいのニャ。先生は、「高校生の時買った第1号を今でも持っている」とか言ってたニャ。
その第一号は今の半分くらいのサイズ(約A5くらい)だったらしいのニャ。

くー太:ほっほう! 何とも歴史がある情報誌なのですね。
それはもう発売されているのですか?

クーニャ:もちろんなのニャ。10月20日に発売されているのニャ。
くー太さんも、本屋さんかコンビニに行って、ぜひ買ってくるのニャ!

くー太:では、さっそく明日にでも・・。

クーニャ:いーや。今日行くのニャ!

くー太:ところで何故、雑誌に載ることに?

クーニャ:何て野暮な質問を! ボクはクガニール広報部長ですよ。当然、クガニールの紹介に決まっているのニャ。
ボクの凛々しい姿をチェックするのニャ。

くー太:あのー。チェックすべきは、記事の方かと。

クーニャ:・・・。そ、そんなの当然なのニャ!
本の最後の方に載っているから、見逃さないようにするのニャ。

くー太:そういえば、記念すべき「第1回クガニール賞」のノミネート発表は、10月24日でしたっけ。(25日でした)

クーニャ:そうなのニャ。10月24日と25日の夜10時 
(10月25日・26日の間違いでした。すみませんのニャ・・・)、部門別にノミネート作品を発表するのニャ!
クガニール8年間に描かれた多くの作品から28作品が選抜され、いよいよ11月3日文化の日、最優秀作品が決定するのニャ!

くー太:ほほう!楽しみですねぇ。誰でも参加できるのですか?

クーニャ:大歓迎なのニャ!
詳しくは、イベント&レクチャーのページを見てね。
http://www.kuganeel.com/event.htm

会員の皆さんは、絶対来た方がいいと思うのニャー。
参加者による「クガニール会員セレクト賞」の投票権もあるから、ぜひ参加するのニャ。

くー太:きっと、クガニールの8年間の面白い話も奥秋先生から聞けるんじゃないでしょうか。
私たちもぜひ参加しましょう。

クーニャ:もちろんなのニャ!いい作品は、とっても刺激になるのニャ!
まずは、25日をお楽しみにニャ!




 

次の記事<< | 2/2ページ | 前の記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

絵画教室アトリエクガニールホームページ

kuganeel.png 教室案内・会員作品紹介・体験レッスン・イベント案内 他

記事

テーマ

月別アーカイブ

リンク

ブログ管理者

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM